読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高速道路

記憶の記録

泣か

「つらいけど、みんな頑張ってるから、知らないよそんなの。つらいよお。帰りたい。帰りたいって子供の頃に?ちがう、誰もいないところ。わかんないけど、帰りたいよ、ずっと。私、誰も責められない。自分で自分の首を絞めてる。自分を恨むしかないんだ。私、私やめたい。もう私でいるのがいやだ。」

手で顔をおおったり

頭にすべてが集中するので熱を持ち、眉間に力が入り、頭が痛くなる。たくさんたくさん詰まってる頭がもう無理ですってなる。気持ち悪くなってくる。夢なのか現実なのか、夢であってほしい、おそろしいこれが、わたしなのか。
たくさんの言葉がありました。