読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高速道路

記憶の記録

おもいでエマノン2

おもいでエマノンを貰った。エマノンは続き物らしく、調べたらさすらいエマノン、うたかたエマノンとか色々あった。まだ読んでいない。細かな事で傷付き泣くのはもうやめたいと思った。そんな、余計に過敏な時期は通過していって今は普通。夏の終わりあたりから、心に余裕が無く、他人にはつねに心でケチつけている。ほとんどの事にへらへらしていた頃が恋しいけど、この感じも、過ぎていくのだろう。全部通り過ぎて、自分が新しくなっていく。今のぴりぴりしてとがった感じも、無くなって新しくなったら、恋しくなるのかな。今ある感覚を、あるうちに、ちゃんと感じておかないと。時間と自分の関係は、やっぱ、引っ張られてるんだけど抵抗して地面にずるずるあとが付くのに似てると思う。抵抗?抵抗というか、意識しておかないとただぼーっと引っ張られて終わる。

 

画面全部の物が強く描かれた、私のコテコテのデッサンを見たい。うまくはないけど、嫌いじゃないかも、と思った。あともうセックスはしたくない。